ピリカクチュールの利点と欠点




ピリカクチュールでドレスをオーダーされる場合のメリット・デメリットを率直にお伝えいたします。

メリット

  • デザイナーは花嫁!世界で一つだけのウエディングドレスを。
    絵を描くのがちょっと好きな方なら、イラストでデザインイメージを伝えて頂くこともできます。
    雑誌の切りぬきや弊社の所有するデザイン画などを参考に、納得のいくまで時間をかけてデザインを決定していきます。



  • 予算に合わせてドレス制作。
    「結婚式はやりたい、でも大金をかけるのはもったいない」
    親から自立してオーストラリアで暮らす堅実派カップルを全面的に応援します。
    予算内でできるデザイン、使える素材をご提案。また主素材の持ち込みや、手芸好きの花嫁さんなら最終工程(手作業)をお手伝い頂くことでも予算を抑えられます。



  • レンタルではできないこと。
    たった1回の結婚式にドレスを購入するなんて…と思われるかもしれませんが、
    例えばドレスを購入すると「オーストラリアで挙式をして、日本と彼の母国で披露宴、お天気のいい日にセンテニアルパークやビーチサイドで友達を招いて撮影会」ということも可能。
    結婚式当日に雨が降っても、後日に撮影できると思うだけでストレスが減りますよ!


  • プライベートなフィッティング。
    オーダードレスを制作するにあたって、採寸、仮縫いなど補正下着姿になって頂く状況があります。ご自宅でリラックスした状態でのフィッティングをご希望の方は、可能な限り出張致します。
    もちろんアトリエでの採寸、仮縫いも可能です。



  • デザイン相談料は無料、キャンセル可。
    デザインの打ち合わせの途中で、身内に不幸があって挙式が延期・・・他社さんで素敵なドレスを発見…提案されるデザインがどれもしっくりこない・・・など、どんな理由であってもドレス素材を発注していない限り、デザイン相談料は無料、キャンセル料金は発生いたしません。



  • 本当にリーズナブル。
    そもそも、pirka.coutureを立ち上げた理由が、新しい生活に旅立つカップルにとって結婚式、
    ドレス費用が高すぎるという不条理をなんとかしたい!という思いからでした。
    小規模、自宅開業で、大規模広告を行っていないからこそできる価格をご提示致します。





デメリット

  • 試着して頂けるドレスがありません。
    pirka.coutureはドレスを制作する工房です。
    1点1点オーダーでお作りして、商品をお引き渡ししているため、試着していただけるドレスやお見せできる完成品を保管いたしておりません。
    ショールームを持つ店舗で何着か試着をして、事前におおまかなイメージをつかんで頂くのもいいかもしれません。



  • 最低4か月の納期を頂いています。(相談可)
    通常のドレス販売&レンタル業者さんであると、手持ちのデザインの中から気に入ったものを選ぶ事になりますが、pirka.coutureではお客様とお会いして、お客様の要望、個性、雰囲気、その他多くの要素を考慮に入れながら、デザインをお客様と二人三脚で決定していきます。
    お客様によってはデザイン決定までに多くの時間を必要とする場合もあります。
    また、レースなど物によってはヨーロッパから取り寄せたり、素材自体が受注生産であったりと、素材の納品が著しく遅い場合も考慮に入れなければいけません。



  • 小物をご提供できません。
    アトリエが手狭な為、現在アクセサリーや靴などドレスに合わせて頂く小物の販売を行っておりません。グローブ、ベール、リングピローにつきましては、お客様の希望により販売いたします。
    新郎様のタキシード、フロックコートのご提供も行っておりません。



  • 夢のような空間演出がありません。
    アトリエといっても自宅兼工房です。
    ドレス販売&レンタル業者さんの多くが花嫁さんのウエディングドレスに抱く特別なイメージを満たすため、空間演出に膨大な投資をされており、それがドレスの付加価値となり価格へと跳ね返っています。
    「一生に一回だから特別な雰囲気の中でお姫様のような気分で」という付加価値を求められる花嫁さんはガッカリさせてしまうかもしれません。



  • たくさんオーダーを頂けません。
    弊社は小さな会社です。一つ一つのオーダーを丁寧に確実に行っていくため、お受けできるお仕事の量に制限があります。どうぞ早めのご相談をお願いいたします。
    小さな会社だからこそ、1人1人のお客様との時間を大切にしたいと考えております。